一人暮らしの生活費 計算シミュレーション

一人暮らしをしたときに一ヶ月にかかる費用。つまり生活費はいくらかかるの?

新生活が始まるとき、引っ越しをするとき、転職をするとき。
人生の様々なポイントで気なるのが、この生活費というものです。

でも、これ、実際に調べてみると多いのが、食費は30,000円が平均的ということです。

それだと一日の食費が1,000円。

つまり、昼に一杯800円のラーメン食べたら、朝と夜を合わせて200円で過ごすということです。

「厳しいよ、それ!」と思う方も多いのではないでしょうか。

実は、一人暮らしにかかるお金は、仕事、生活、住んでいる環境によって、
それぞれ大きく異なってきます。

そこで、一般的な一人暮らしの生活費を確認しつつ、
自分にあった生活費を予想出来る計算シミュレーションを使ってみてください。

分からない金額はそのままで、分かるところは数字を入力して計算できます。
想像を超える生活費が明らかになるかもしれません。

必須な生活費

条件によってまさにピンキリ。
都心であれば70,000円程度あればなんとか不便がないラインでしょう。

ただし、家賃は給料の手取り額の3/1以下で抑えないと厳しい生活になってしまいます。

季節によって変わる水道・光熱費ですが、まとめて10,000円程度で見ておくとよいでしょう。

気を付けたいのは、ガスはプロパンガスと都市ガスで大きく値段が変わってくること。

プロパンガスは場合によりますが、3割増し程度から、高い場合は2倍以上となってしまうケースもあるようです。引っ越しする際に気を付けたいポイントですね。

× 30日

一人暮らしの食費は30,000円程度という見方もありますが、30,000円はかなり節約しないと厳しい金額だと思われます。

そのため、普通に考えた時の食費を予想するには、自分の一日の食事を振り返って見るとよいかもしれません。

例えば
朝:食パンにハムとチーズ = 100円
昼:コンビニ弁当+飲み物 = 600円
夜:ラーメン = 800円
ぐらいだと月45,000円程度になります。


もちろん毎日食べるものは変わりますが、ちょっと大めに見積もっておいた方が安心です。
また、自炊をすれば安くはなります。
しかしながら、ひとり分の食事を作るの結構大変です。

単価的に材料費が高くなったり、食べたいものは材料も結構高かったりします。
意識して節約しないと、頑張って作っている割にはあまり食費は安くならないことも・・・。

携帯代は大手でも6,500円程度からとなっているのですが、機種の分割払いとかあって、なんやかんやで8,000円くらいはかかってしまいます。

MVNOによる格安スマホも増えてきているので、厳しい場合は変更の検討もありです。

また、ネット料金は光回線+プロバイダなど5,000円程度で見ておきましょう。

洗剤、シャンプー、ごみ袋、トイレットペーパーなど毎月は買わないけれども定期的に必要となるものです。

その月に、買う、買わないがある為、毎月変わってきますが、大体平均して3,000円くらいは見積もっておきましょう。
その他の生活費

×

人によっては思いがけずお金がかかっている交際費。

会社の飲み会 = 月2回

土日に友達と遊ぶ = 月2回
程度だとすると大体月20,000円くらいです。しかしながら

金曜は毎週飲む = 月4回

土日の1日はデート = 月4回
とう言う感じだと1回5,000円程度だとしても月40,000円を超えてきます。

よく飲んだり、遊んだり、デートしたりする人は注意が必要な項目です。

×

価格がどんどん上がるたばこ。なんやかんやでやっぱり結構かかっているものです。

例えば
メビウス 440円 × 週4箱 = 7,040円

最近ではTVがない家も多いですが、お金と時間に余裕が出てくるとWOWOWでスポーツも観たくなったり、スカパー!で海外ドラマを観たくなったりするものです。

最近ではHuluやNetflixなどの配信サービスだったら、1,000円程度なので、今までより価格を抑えていろんな番組が楽しめますね。

例えば
NHK地上&BS 3,590円 + スカパー!4,093円 = 7,683円

生命保険は一人暮らしだと入っていない人も多いですが、なにかあった時を考えて入るのも大事ですよね。

なお、保険料は人それぞれで違うわけですが、男性で平均21,000円、女性で平均15,000円となっているようです。

その他、毎月出ていく支出として分かっているものがあれば入れましょう。

この合計金額があなたが一人暮らしでひと月に必要な生活費です。

残りのお金は貯金するなり、服を買うなり、旅行をするなり好きに使いましょう。

ただし、予定外の出費、例えば、プレゼント、冠婚葬祭、医療費、賃貸の更新料、家電が壊れるなど思わぬ出費はつきものです。

ボーナスがある場合は上手くいったりしますが、ボーナスを遊んで使い切ってしまうと、急な支出があったときに大きく足りなくなったりします。その為、常に余裕をもった生活が重要です。

また、万一、生活費の合計がすでに自分の手取り額を超えている場合、大変危険な状態です。何かを節約するか副業をした方が良いかもしれません。